赤ちゃんの虫歯を防げ!

虫歯菌の殺菌が!

虫歯の原因となる細菌で代表的なのがミュータンス菌です。このミュータンス菌を殺菌するには、どのような事を行えば良いのでしょうか?

 

この記事では、”虫歯菌の特徴”と”虫歯菌の殺菌方法”についてお伝えします。

 

虫歯菌

 

虫歯菌の特徴は?

 

虫歯菌と一言でいっても、いくつもの種類があります。ですがミュータンス菌が代表的な菌であり、また虫歯菌という言葉がミュータンス菌を指すことも多くあります。

 

虫歯菌なのですが、生まれたばかりの赤ちゃんの口内には存在しません。

 

ですが、唾液による感染により、赤ちゃんの口内に虫歯菌が運び込まれます。

 

赤ちゃんに虫歯菌を運ぶのは?

 

赤ちゃんの口に虫歯菌を運ぶのは、周りの大人たちです。

 

哺乳瓶に入ったミルクの温度を計るために口をつけたり、自分の使ったスプーンで赤ちゃんに何かを食べ差sたりする中で、赤ちゃんの口は虫歯菌に侵されていきます。

 

この虫歯菌は、いったん口の中に運び込まれると完全に殺菌するのは不可能だという特徴があります。

 

ミュータンス菌と虫歯の関係

 

代表的な虫歯菌と言えるミュータンス菌。

 

砂糖を分解する事で、グルガンという名前の物質を作ります。このグルがんはネバネバしたのり状の物質。グルガンが歯の表面に張り付いて、そこに様々な菌がくっついていき、やがて細菌の塊である歯垢となります。

 

そして、この歯垢の中に住むミュータンス菌が、糖分を取り入れると酸を出して歯を溶かすようになります。

 

虫歯菌を減らすために!

 

虫歯菌の殺菌を考えるのであれば、歯科医の助けが必要となります。

 

歯垢を放置すると、菌が増殖していきバイオフィルという膜となります。このバイオフィルは粘着力や体制が高く、中に住んでいる細菌を守ってしまいます。

 

ですからバイオフィルが出来ると、虫歯菌の殺菌が難しくなります。ですから歯科医にバイオフィルを取り除くために、クリーニングを行ってもらう必要があります。

 

あと、3ヶ月に一度くらいの頻度で、歯科医院でフッ素塗布をしてもらうと虫歯リスクが大きく下がりますよ。

 

自宅でのケアも大切

 

虫歯菌の殺菌には、自宅でのケアも大切になります。

 

完全に虫歯菌を殺菌するのは不可能なのですが、減らすことは可能です。自宅のケアによる殺菌でカギを握るのが、フッ素とキシリトール。

 

この2つの物質を有効に活用する事で、虫歯菌は口内から殺菌されていきます。

 

フッ素

 

フッ素というのは、ミュータンス菌の活動を抑える働きがあります。またミュータンス菌が出す酸を防ぐ効果があったり、歯の強化、歯から溶けだしたカルシウムを戻す再石灰化の促進など様々な効果がありますよ。

 

フッ素入りの歯磨き粉やジェルが販売されています。ですが、それらは含まれるフッ素量が少ないなど問題がある場合もあります。

 

ですから、注意して歯磨き粉を選ぶ必要があるのです。

 

キシリトール

 

キシリトールの原料は、白樺や樫などの樹木から摂れる天然の甘味料です。

 

長期的な使用によって、ミュータンス菌の働きを弱めます。また食事をする時に作られる口内の酸を、食後にキシリトールガムを噛む事で中和出来ます。これはキシリトールガムをかむ事で唾液を分泌させたからです。

 

なお、このとき唾液に含まれるカルシウムにより再石灰化が促されたりする効果もあります。

 

このキシリトールガムですが、50%以上含まれている、キシリトール以外の甘味料は入っていない、これらの条件を満たさないと歯に優しいとは言えないので注意をしましょう。