赤ちゃんの虫歯菌感染はいつまで気をつければいいの?

赤ちゃんの虫歯菌感染はいつまで気をつければいいの?

赤ちゃんの虫歯菌感染。虫歯は一度かかると再発しやすいので、なんども治療を繰り返すことになります。ですから虫歯菌への感染には気をつけたいものですよね。

 

では、いつまで虫歯菌に気をつければいいのでしょうか?

 

虫歯菌

 

赤ちゃんの虫歯菌感染

 

赤ちゃんの口には、生まれたばかりの頃には虫歯菌はいません。

 

ですが身近な大人の唾液が、赤ちゃんの口に入ることで感染してしまいます。付け加えるのなら、感染の原因は両親であることが多いとされています。

 

大人からの虫歯菌感染

 

赤ちゃんの虫歯菌感染は、親からという場合が多くあります。

 

感染経路ですが、キス、コップや箸の共有など、愛情表現の一種が原因であることが多いとされています。

 

赤ちゃんの虫歯菌感染はいつまで気をつけるの?

 

赤ちゃんの虫歯菌感染ですが、3歳まで気をつけましょう。

 

虫歯菌感染の始まりは赤ちゃんの口に歯が生えた頃からです。なぜなら虫歯菌というのは、歯がないと口の中に留まることができないからです。これは虫歯菌に、硬い組織に住む性質があるからです。

 

特に赤ちゃんが虫歯菌に感染しやすくなるのは2歳前後。この時期を感染の窓と呼ばれています。

 

この時期に虫歯菌に感染していなければ、その後も虫歯になりにくくなります。

関連ページ

虫歯菌を除菌 代表的な方法と注意点!
虫歯菌の除去こそが、虫歯予防の根本的な解決方法。でも目に見えない虫歯菌の除去は、どのように行えば良いのか迷う物。当サイトでは、そんな虫歯菌の除去方法について正しい知識をお伝えいたします。あなたのお口やお子様のお口を守るため、ぜひご活用ください。
虫歯は唾液が天敵? 歯を守る唾液の凄い話
虫歯菌の除去こそが、虫歯予防の根本的な解決方法。でも目に見えない虫歯菌の除去は、どのように行えば良いのか迷う物。当サイトでは、そんな虫歯菌の除去方法について正しい知識をお伝えいたします。あなたのお口やお子様のお口を守るため、ぜひご活用ください。
虫歯菌を熱湯消毒 食器からの感染をお湯で防げる?
虫歯菌を熱湯で殺菌出来たら便利ですよね。熱湯であれば、特別な道具も必要ないでしょうし。とうぜん熱湯を口に入れるわけにはいかないので、食器などの殺菌方法となります。今回は、熱湯を使った殺菌方法についてお伝えします。