虫歯菌を熱湯消毒 食器からの感染をお湯で防げる?

虫歯菌を熱湯消毒 食器からの感染をお湯で防げる?

虫歯菌を熱湯消毒できるのであれば便利ですよね。

 

とうぜん、口の中に熱湯を注げば虐待ですが、食器なんかの虫歯菌熱湯で消毒できれば、赤ちゃんに虫歯菌が感染する確率を大きく減らすことが可能なハズです。

 

虫歯菌

 

虫歯菌の殺菌温度

 

熱湯消毒というのは、お湯の温度によって殺菌を殺す方法です。熱湯で虫歯菌を殺すのなら、当然その温度が問題となります。

 

歯科医院で使われている滅菌機は、121度の高温状態を作り出して20分間殺菌を行います。ですが、一般家庭にそのような機械があるハズがありません。

 

家庭で虫歯菌を熱湯消毒するには

 

虫歯菌を熱湯消毒するには、100度以上の温度が必要となります。

 

とうぜん子供の口に入れるわけにはいかないので、食器を洗う時などに100度以上のお湯を使うようにします。

 

とは言っても、細菌というのは中々に強い生命力を持っています。ですから、細菌を死に絶やすことは難しいので、細菌の数を減らす程度の効果だと考えておきましょう。

 

虫歯菌の熱湯消毒行うタイミング

 

細菌というのは、時間が経つと増えますよね。ですから、食べ終わった後に熱湯を使った煮沸消毒を行うよりも、食べる前に熱湯は使った方がよいでしょう。

 

しかし、時間の都合もあるでしょうから、この点には拘り過ぎない方が良いかもしれません。

 

終わりに

 

虫歯菌は熱湯消毒が可能です。

 

食べ物に息を吹きかけただけで、虫歯菌はうつってしまうとされています。ですから、些細な事で赤ちゃんの口に虫歯菌が入ってしまいます。

 

熱湯を使って煮沸消毒を行えば、食器を通しての虫歯菌感染はかなり抑えられるハズです。

 

高温の熱湯を使いますので、火傷に注意して実践をしましょう。

関連ページ

虫歯菌を除菌 代表的な方法と注意点!
虫歯菌の除去こそが、虫歯予防の根本的な解決方法。でも目に見えない虫歯菌の除去は、どのように行えば良いのか迷う物。当サイトでは、そんな虫歯菌の除去方法について正しい知識をお伝えいたします。あなたのお口やお子様のお口を守るため、ぜひご活用ください。
虫歯は唾液が天敵? 歯を守る唾液の凄い話
虫歯菌の除去こそが、虫歯予防の根本的な解決方法。でも目に見えない虫歯菌の除去は、どのように行えば良いのか迷う物。当サイトでは、そんな虫歯菌の除去方法について正しい知識をお伝えいたします。あなたのお口やお子様のお口を守るため、ぜひご活用ください。
赤ちゃんの虫歯菌感染はいつまで気をつければいいの?
赤ちゃんは生まれた頃には虫歯菌が口にいません。ですが、しばらく経つと虫歯菌に感染してしまうのですが、その原因の多くが親から。赤ちゃんの虫歯菌感染を避けるには、いつまで親は注意をすれば良いのでしょうか?